平成29年度 高校生地産地消お弁当コンテスト

11月11日(土)宮城大学太白キャンパスを会場に高校生地産地消お弁当コンテストの
最終審査会が開催され、宮城県知事賞、優秀賞、入選作品が決定しました!

宮城県知事賞


  • 作品名:希望の架け橋弁当
    気仙沼西高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    伝統野菜の大島かぶや大島ゆずを主食に取り入れ、注目食材のアカモクを主菜とし、副菜にはしらすやイカを使用。H30年完成の大島架橋が気仙沼の希望の架け橋となるよう願いを込めて作りました。みんなで食べてお祝いしたいです。

優秀賞


  • 作品名:食べて感じる!宮城ふれ愛弁当
    気仙沼高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    多くの地域で給食に出るずんだ春巻き。そんな宮城懐かしの味をアレンジを加えて再現しました。ご飯は相性抜群な鮭&バターと少し苦みが効いたあっさりゆずの2種類に。メインはメカジキと豆腐でふわふわに仕上げました。

  • 作品名:「殿、お弁当でござる」
    仙台白百合学園高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    大和町の食材を使って、七ツ森だけに7種7色(白・黒・茶・紫・赤・緑・黄)にこだわりました。豚肉を胡麻ドレッシングやジュレで味付けしたり、茄子と椎茸の美味しさを食材の組み合わせで引き出したりと試行錯誤したお弁当です。

  • 作品名:満福!みやぎ愛彩弁当
    気仙沼高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    レンコンやゴボウなどの福を呼ぶ食材や、邪魔モクなどと呼ばれて廃棄されていたアカモク、食感が楽しめるツルムラサキの玉子焼きやうーめんを衣にした変わり揚げなど、広く県内各地の食材をふんだんに使用した宮城をつなぐ彩り豊かなお弁当で、私たちの地元愛を表現しました!

  • 作品名:気仙沼bababa!弁当
    気仙沼西高等高校
    【お弁当に込めた思い】
    びっくりした時に使う「ばばば!」という気仙沼の方言をイメージしたお弁当です。「しめさ」をまさかの炊き込みご飯に、海の邪魔者「アカモク」をコロッケに。「ばばばの美味しさ」をみなさんにお届けしたいです♥

入選


  • 作品名:うーみん弁当~海産物にうーめんを寄せて~
    仙台二華高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    揚げかまぼこやメバチマグロなど、宮城県が誇るものをバランス良く入れこみつつも白石温麺を揚げ衣に活用したり、仙台駄菓子の1つであるゆべしに、亘理の特産であるイチゴを入れたりと、他とは違うインパクトを大事にしました。

  • 作品名:和洋折衷 いろどり弁当
    仙台二華高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    宮城県産トマトと昆布の炊き込みご飯や、笹かまぼこのピカタなど和洋折衷のメニューで、これまでにない新しさを楽しめるようにしました。また、気仙沼の旬のサンマを、冷めても美味しく食べられるように工夫しました。野菜たっぷりで彩りも豊かなので、ぜひご賞味ください!

  • 作品名:海風香るパエリア弁当~山の幸を添えて~
    宮城県農業高等学校
    【お弁当に込めた思い】
    宮城の“香り”と“彩”を炊飯器で炊き上げました。仙台味噌の濃厚さと、鮭の甘みが美味しい鮭フライ、鉄分とカルシウムが同時にとれる卵焼き、柚子こしょうと椎茸が香る和風ジャーマンポテトなど、味と栄養も満点です。

WEB投票と10月14日、15日に開催された「みやぎまるごとフェスティバル」の投票数の合計は、1,918票でした。
WEB投票第1位は381票の投票があった気仙沼西高等学校の「気仙沼bababa!弁当」でした。
投票いただいた皆様ありがとうございました。